baker Dmitry Sinkovsky Ensemble Salicus J. S. バッハ JubyPhonic Stile Antico はるよ もじょP アドリアン・ヴィラールト アルカンジェロ・コレッリ アルフレッド・デラー アレクサンダー・アグリーコラ アレッサンドロ・ストリッジョ アントワーヌ・ビュノワ アントワーヌ・ブリュメル アンナー・ビルスマ ウィリアム・バード オラツィオ・ベネヴォリ オルランドゥス・ラッスス カピッリャ・フラメンカ ギョーム・デュファイ クラウディオ・モンテヴェルディ クラフトワーク クララ・ハスキル クリストバル・デ・モラーレス クレメンス・ノン・パパ グレゴリオ・アッレグリ グレゴリオ聖歌 ゲリー・デ・ゲルセム コルネリウス・ヘインス シャンティクリア シューベルト ジェズアルド ジャック・アルカデルト ジャン・ムトン ジュリオ・カッチーニ ジョアン・ローレンソ・ヘッベーロ ジョスカン・デプレ ジョスカン・デ・プレ ジョルジュ・ド・ラ・エル ジョン・ダウランド ジョージ・クラム ジル・バンショワ ジローラモ・フレスコバルディ スウェーリンク ステーファノ・ベルナルディ セバスティアン・デ・ヴィヴァンコ チコーニア チプリアーノ・デ・ローレ テレマン ディヴィッド・マンロウ トマス・ルイス・デ・ヴィクトリア ニコラ・ゴンベール ノエル・バウルデヴェイン ハイドン ハインリヒ・イザーク ハチ (米津玄師) バルセロナのミサ パレストリーナ ヒエロニムス・プレトリウス ヒリアード・アンサンブル ヒンデミット ピエール・ド・ラ・リュー フィッツウィリアム・ヴァージナル・ブック フィリップ・ジャルスキー フィルミヌス・カロン フランシスコ・ゲッレーロ プロ・カンツィオーネ・アンティクヮ ベラ・バルトーク ベートーフェン ペロタン(ペロティヌス) ペンタングル ペーターハウス・パートブックス ペーター・シュライアー マルブリアーノ・デ・オルト ミケランニョロ・ガリレイ ムツィオ・クレメンティ モンセラートの朱い本 モーツァルト ヤコブス・バルビロ ヤコブス・フェート ヤーコブス・クレメンス・ノン・パパ ヤーコプ・オブレヒト ヤーコポ・ペーリ ヨハンネス・オケゲム ヨハンネス・チコーニア ヨハンネス・レジス ヨハン・フローベルガー リチャード・デイヴィー レイチェル・ポッジャー レイナ写本 ロドリーゴ・デ・カバッロス ロバート・ホワイト ロワゼ・コンペール ヴァイス ヴィクトリア ヴィンチェンツォ・ガリレイ 初音ミク 島倉千代子 赤い鳥

ブリュメルのモテットなど

2020/02/23 00:30
Vox Luminis の演奏で『エレミア哀歌』Heth と Caph. ジョスカンのミサにもなった Mater Patris et filia.The Suspicious Cheese Lords の演奏. Blue Heron の演奏で Nato Canunt Omnia. 死者のためのミサの一部ですが,セクエンツィア『怒りの日』.Ensemble Barock vokal と Concerto Æquales の演奏...

続きを読む

ブリュメル

2020/02/04 20:59
Speculum Ensemble による Missa De beata virgine とモテット. 惜しまれながら解散したヒリヤード・アンサンブルのライブでの Missa Victimae paschali laudes とモテット. シャンティクリアの名盤 Missa Berzerette savoyenne とモテット. Daltrocanto の名盤です.Missa à l'ombre d'ung buisson..

続きを読む

Antoine Brumel Missa "Et ecce terrae motus" 12 vocum

2018/12/24 13:47
ちょっと色々あってブログアップロードしていません.年明けからまたやるとおもいます. 有名なブリュメルの12声のミサ,なかなか定番といえる演奏はありませんでしたが,多分これが一番理想的な演奏に近いものだとおもいます.ドイツラジオ番組の一つなので,途中の解説などありますが,飛ばす方は下の頭出し時間を参考にしてください. Calmus Ensemble と amarcord の合同演奏です.ラジオの解説によると,ライプツィヒ討論の際にこのミサが演奏されたようで,それを巡る番組に..

続きを読む

Missa L'homme armé ミサ・ロム・アルメの楽しみ

2018/11/27 20:10
 フランドル楽派のミサ曲のうち,多くの作曲家が好んで素材にしたのは俗謡「武装せる人」"L'homme armé" です.デュファイから始まってフランドル楽派からパレストリーナ,モラーレス,初期バロックのカリッシミ(なんと12声)もミサ「武装せる人」を作曲していますが,なんと現代に至ってまた再びこのテーマが復活して,これをモチーフに作曲が試みられています(有名なのは Karl Jenkins ですが,個人的にはこのフルオケフル合唱の"The Armed man"ミサはあまり好み..

続きを読む

もっと見る