ジル・バンショワ

ミサ断片一つとシャンソンを幾つか作っていました.ロンドー形式のシャンソンは歌詞の繰り返しが重要なのですが,これはもうmidiでは表現できない範囲で,色々速度を変えたりしてごまかしているのが今になって聞くと見え見えでお恥ずかしいです.

Fragmentum missarum "Gloria"



Chanson (Rondeau) "Se j'eusse un seul peu d'esperanche"



Chanson (Rondeau) "Ay douloureux disant, helas!"



Chanson (Rondeau) "Adueu, m' amour et ma maistresse"



Chanson (Rondeau) "Amours et qu' as tu en pensé "



Chanson (Rondeau) "Amours et souvenir de celle"



Chanson (Rondeau) "Tristre plaisir"



Chanson (Rondeau) "De plus en plus"


"De plus en plus" 歌詞

De plus en plus se renouvelle
Ma doulce dame, gente et belle,
Ma volonté de vous veïr
Ce me fait le tres grant desir
Que j'ai de vous ouir nouvelle.

次第次第に新しくなるのは
我が愛しく気高く麗しき婦人よ、
私のあなたに逢いたい気持ち。 (A)
それを私に作ったのは、あなたから新しいことを聞きたいという
私の非常に大きな望み。(B)

Ne cuidiés pas que je recelle
Comme a tous jours vous estes celle
Que je vueil de tout obeir.

私がそんなふりをしているだけだなどと思わないで欲しい
なぜならあなたはいつも
私が全てにおいて従いたいと思う人だから (a)

De plus en plus etc.

次第次第に... (A)

Helas, se vous m'estes cruelle
J'auroie au cuer angoisse telle
Que je voudroie bien morir.
Mais ce seroit sans desservir
En soustenant vostre querelle.

ああ、もしあなたが私に冷酷な人なら
私は心中に持つことだろう
私は本当に死んでしまいたいという苦悩を。(a')
だがそれは別れることなしに起こるだろう
貴方の不満を認めながら。(b)

De plus en plus etc.

次第次第に... (A)

Ce me fait etc.

それを私に作ったのは...(B)



ハチ (米津玄師)「砂の惑星 feat.初音ミク」

 昨年末の紅白歌合戦ではついにボカロPの一人だったハチさん=米津玄師が驚異的なレベルの「Lemon」の生演奏を披露した上,それ以外にも2曲も楽曲を提供しているという,ボカロ界隈にちょっとでも関心をもったことのある人間にとっては小林幸子が千本桜を歌う以上にすごいことになっていました.
 そのハチさんが多分最後にニコニコ動画に残していったのがこの曲.初音ミクを使った曲ですが,左右に振られているミニマルミュージック的な短い音のパターンのためか,聞き直すとどんどん新しい音が聞こえて来る不思議な曲です.サビ部分などに多分ハチさんの生歌もうっすら初音ミクの声にかぶっています.歌詞にはryo作曲の「メルト」を始め自作多作のボカロ旧作への言及があり,全体としては実は衰退の兆候の目立ち始めたボカロ界へのメッセージソングとなっているようです.




こちらはJubyPhonicさんによる英語カバー.

posted by 新見我無人 at 15:54Comment(0)日記

Dmitry Sinkovsky

新年あけましておめでとうございます.今年最初の記事は Dmitry Sinkovsky というピリオド楽器のヴァイオリン奏者+指揮者+αです.
演奏会が幾つかありますが,どれも聴衆を虜にする素晴らしい演奏です.しかもそれだけではない驚異的な瞬間が後半過ぎにあるので,是非是非続けて聞いてみてください.





posted by 新見我無人 at 18:14Comment(0)日記