アルフレッド・デラー

カウンターテノール復活の立役者,アルフレッド・デラーの動画もたくさんあるようなので,投稿していこうと思います.正直もう時代遅れもいいところという演奏もありますが,しかし全盛期の声は確かにほんとうに素晴らしく,パーセルなどは今でも素晴らしい演奏だと思います.ただ,比較的賞賛する人の多いダウランドのほうがむしろ今となっては違うかなという印象はもちます.

息子のマーク・デラーとのデュエット.




パーセルの "From Rosy Bow'rs".




Philip Rosseter の "What Then Is Love But Mourning?".




Robert Johnson の"Have You Seen but a White Lily Grow".




Thomas Campion の "Shall I Come, Sweet Love, to Thee".




Pelham Humfrey の "Hymne to God the father" と Purcell "Retired from any mortal sight".




John Dowland の "I saw my lady weep", Alessandro Grandi's beautiful ""O Quam tu pulchra es" と Purcell "Beauty thou scene of love".




パーセルの "Thrice happy lovers" (Fairy Queen) "O lead me to some peaceful gloom" (Bonduca) "Hark! how all things with one sound rejoice" (Fairy Queen) "Not all my torments can your pity move" (Gresham Manuscript) "Music for a while" (Oedipus).





posted by 新見我無人 at 23:43Comment(0)日記

シャンティクリア@サンクト・ペテルスブルク

シャンティクリアのサンクト・ペテルスブルクでのコンサート.ルネサンスから現代まで.ロシア語の曲も.



06:20 Veni, dilecte mi

11:18 Nigra sum

16:28 Osculetur me

19:49 Ego flos campi

23:00 Surge,propera amica mea

28:15 Bonjour mon coeur

30:10 Ce ris plus doux

33:39 Le premier jour du mois de May, Madame

35:53 Слова Эдит Сёдергран

47:36 Go lovely rose

51:49 Ah!May the Red Rose Live Always!

56:27 Jeanie with the Light Brown Hair

1:00:00 This Marriage

1:28:20 В крови горит огонь желанья

1:29:34 Посмотри,какая мгла

1:31:32 Вокализ

1:38:32 Love Songs

1:48:00 I'll Follow My Secret Heart

1:52:02 La vie en rose

1:55:55 Love Walked In

2:00:22 Somebody to Love

2:07:27 Down by the Salley Gardens

2:11:52 Keep Your Hand on the Plow (Hold On)

posted by 新見我無人 at 22:41Comment(0)日記

Bach in YouTube BWV 23

BWV 23 はカンタータ Du wahrer Gott und Davids Sohn『汝真実の神にてダヴィデの息子』です.


ソウルバッハゾリステンの演奏です.ちょっと録音が不自然ですがいい演奏ですね.カウンターテノール Min-Ho JEONG さんがいい味わいです.日本からも櫻井 茂さんがコントラバス,三宮正満がバロックオーボエで参加されています.

posted by 新見我無人 at 22:21Comment(0)日記

Music from the Peterhouse Partbooks

 Blue Heron のCD5枚組のアルバム The Lost Music of Canterbury: Music from the Peterhouse Partbooks がアマゾンプライムunlimitedで聞けます.Peterhouse Partbooks はイギルスのルネサンス中期とルネサンス末期に作られた,実質2種類のパートブックで,ケンブリッジ大学のカレッジのひとつのペーターハウスに一時所蔵されていたためこの名前があります.有名・無名のイギリスの音楽家の,ミサやモテットなどの宗教曲の作品が膨大に収録されている写本で,このアルバムでもほとんど知られていない作曲家の作品が多数録音されています.



収録作品の作曲者名はこちらのCD裏面写真からわかります.
 音楽史の記述をなぞっていくのではなく,写本のような生の資料から直接作品を演奏するということは,おそらく今後はメインストリームになっていくでしょうね.

posted by 新見我無人 at 23:25Comment(0)日記

Bach in YouTube BWV 22

BWV 22 はカンタータ Jesus nahm zu sich die Zwölfe『イエスは12使徒を召し寄せ』です.


Netherlands Bach Society の演奏.クイケンがヴィオリンチェロ・ダ・スパッラと指揮です.




Collegium Vocale der Salzburger Bachgesellschaft と La Divina Armonia の演奏.

posted by 新見我無人 at 20:37Comment(0)日記