ギーゼリング・ダンケルツ『ミサ・ベアータ・ヴィルジネ』 ノートルダム楽派の再来?

 イタリアのグループの演奏による,かなり珍しい作曲家の作品集です.

  Cantar Lontano: Dankerts: Missa de Beata Virgine

 ギーゼリング・ダンケルツは現在のオランダのゼーラント州のトーレンで生まれ,どこで教育を受けたかなどはわからないようですが,やはりフランドル楽派の常であるように,イタリアに活躍の場を求めて,ナポリで貴族に仕えた後,教皇庁の歌手になった人物だそうです.音楽史的には伝統的全音階的音楽vs.半音階的音楽の論争で保守派論客であったほか,最終的には声の弱さ・多情・金満・病弱という理由で教皇庁を罷免された人物だそうです(実際の理由はコストカットでしょうが).楽曲は比較的最近になって発見されたとのことで,このミサ曲(固有文付き)もその一つだそうです.
 で,実際聞いてみるとまず大多数のフランドル楽派からは想像もつかない音楽が始まります.なにしろ,定旋律がバッススにあって,それに三声が即興的に上下するメロディーを絡ませているという音楽です.中世音楽に馴染みのある人なら,まるでノートルダム楽派に先祖返りしたかのような音楽だと思うでしょう.通常文は中世音楽的な印象はやや弱まるのですが,それでも比較的間隔の短い模倣や動きの激しいメロディーの対位法も独特の響きです.それがノートルダム楽派っぽい固有文に挟まれているので,この配置はやはり意図的なものでしょうね.
 どういう意図でこのような作曲をしたのかは素人にはわからないですが,想像を逞しくするなら,これは保守派論客による新しい音楽の可能性,つまりあえて半音階を使わずに,全音階に加えてしっかり定旋律を使いつつ,それでも斬新な音楽世界を作る可能性を示してみた,ということになるのかもしれません.この方向でモンテヴェルディらが新音楽を築き上げることは残念ながらなかったのですが,できればバロックでも一度ぐらいはノートルダム楽派に先祖返りした音楽があったら面白かったかなと思います.もちろん,発掘したら出てくるかもしれませんが.

この記事へのコメント