鳴門アカデミー合唱団(山田啓明指揮) ジョスカン『ミサ・パンジェ・リングヮ』

 ジョスカンのミサ・パンジェ・リングヮの多分理想的な演奏(僕としてはですが).演奏は徳島県の鳴門アカデミー合唱団(山田啓明指揮).日本の合唱団が一番の理想的演奏とは思いませんでした.男声(多分プロかセミプロ)が少人数のフル・ヴォイスでしっかり歌っていて,上の声部はかなりの大人数です(多分プロアマ混成).現代の合唱としてはバランスは普通じゃないように思えますが,この極端な頭でっかちの声部バランスこそルネサンスでは割と普通だったことが文献から分かっています.このの演奏を聴いていても,これがルネサンス音楽では理想的な声部バランスだろうと思います.指揮者がかなり言葉の表出を激しくやってくれていますし,プロポルツィオが変わるところなんかもよく効果がでています.僕がMIDIで作ってもこういうイメージで作ると思いますね.完全プロポルツィオのところとCUTの速度の差はもうちょっとあったほうがいいかとは思います(ですがよく対位法がわかる結果となっています).あとチェスターの楽譜はたしか声部を現代混声合唱用に入れ替えたりしているので,これも写本か写本から起こした楽譜でやってくれればよかったでしょうか……

この記事へのコメント