オティネ・バラ

Occo codex に全く知らないオティネ・バラという作曲家の「尊き秘儀のミサ(ミサ「見よ、天使のパンが」)」があったので,とりあえずキリエとグローリアをmidiにしてみました.キリエはちょっとテンポを掴みきれていなくてあまりいい感じではないですね.

オティネ・バラ「尊き秘儀のミサ(ミサ「見よ、天使のパンが」)」キリエ


オティネ・バラ「尊き秘儀のミサ(ミサ「見よ、天使のパンが」)」グローリア


録音など絶対でないだろうと思っていたら……こちらはミサで実際に演奏されたもの.Michael Hedley 指揮 Renaissance men of the Cappella Nicolai による演奏.教会付属の合唱団のようですが,素晴らしい演奏です.




CDもちゃんと出ていました.Barbers & Bishops (http://www.barbers-bishops.nl/)というオランダのグループの演奏で,カップリングされているのは Antoine Fevin のレクイエム.どちらも検索では作曲者名も出てきませんが……



Chants from the Occo Codex - Barbers & Bishops
Chants from the Occo Codex - Barbers & Bishops

この記事へのコメント