ジル・バンショワ

ミサ断片一つとシャンソンを幾つか作っていました.ロンドー形式のシャンソンは歌詞の繰り返しが重要なのですが,これはもうmidiでは表現できない範囲で,色々速度を変えたりしてごまかしているのが今になって聞くと見え見えでお恥ずかしいです.

Fragmentum missarum "Gloria"



Chanson (Rondeau) "Se j'eusse un seul peu d'esperanche"



Chanson (Rondeau) "Ay douloureux disant, helas!"



Chanson (Rondeau) "Adueu, m' amour et ma maistresse"



Chanson (Rondeau) "Amours et qu' as tu en pensé "



Chanson (Rondeau) "Amours et souvenir de celle"



Chanson (Rondeau) "Tristre plaisir"



Chanson (Rondeau) "De plus en plus"


"De plus en plus" 歌詞

De plus en plus se renouvelle
Ma doulce dame, gente et belle,
Ma volonté de vous veïr
Ce me fait le tres grant desir
Que j'ai de vous ouir nouvelle.

次第次第に新しくなるのは
我が愛しく気高く麗しき婦人よ、
私のあなたに逢いたい気持ち。 (A)
それを私に作ったのは、あなたから新しいことを聞きたいという
私の非常に大きな望み。(B)

Ne cuidiés pas que je recelle
Comme a tous jours vous estes celle
Que je vueil de tout obeir.

私がそんなふりをしているだけだなどと思わないで欲しい
なぜならあなたはいつも
私が全てにおいて従いたいと思う人だから (a)

De plus en plus etc.

次第次第に... (A)

Helas, se vous m'estes cruelle
J'auroie au cuer angoisse telle
Que je voudroie bien morir.
Mais ce seroit sans desservir
En soustenant vostre querelle.

ああ、もしあなたが私に冷酷な人なら
私は心中に持つことだろう
私は本当に死んでしまいたいという苦悩を。(a')
だがそれは別れることなしに起こるだろう
貴方の不満を認めながら。(b)

De plus en plus etc.

次第次第に... (A)

Ce me fait etc.

それを私に作ったのは...(B)



この記事へのコメント