バロック音楽復興のラスト・パーツ——カストラート

 古楽復興は第二次大戦後から現在に至るまで着々と進み,今は相当な部分が実際に耳で聴ける状態になっていますが,比較的最後の最後までなかなか復活不可能とされていた部分もあります.それは特にバロック音楽で重要な位置を占めていたオペラの復活で,特にそのオペラのまさに立役者であり,それなしにはバロックオペラそのものが成り立たなかったカストラート歌手,つまり,去勢によって声帯の成長をストップさせることで,超高音を歌いこなせる男性歌手たちの復興でした.
 もちろん,当時のように見込みのありそうな少年歌手を去勢するなどというおぞましい所業など復活させられるわけもないのですが,しかしおそらくカストラートと同等の演唱技術を,もともとの才能と訓練を通して実現させた男性歌手が,今は世界中にいるようになりました.もちろん,戦後すぐから古楽復興の一端を担ってきた男性の裏声による女性声域の歌唱を行う「カウンターテノール」の歌唱訓練が蓄積されたことが重要な原因でしょうが,他方,20世紀に蔓延していた裏声による歌唱に対する偏見の解消が進んで,才能のある人物が裏声による歌唱を始める機会が増えていったこともあると思います.
 このブログでも,少し当時のカストラートによる歌唱について色々考えてみようと思っていますが,まず考えるよりも先に,バロックオペラ復活を圧倒的に印象付ける記念碑的な動画を.



 このオペラはレオナルド・ヴィンチ (有名なレオナルド・ダ・ヴィンチとは別人)による「アルタセルセ」で,1730年に上演.その当時のローマでは女性歌手の舞台での演奏が禁止されていたそうで,初演は女性役もすべてカストラートによって歌われていました.劇自体は3時間を超えるもので,当時のカストラートは本来の楽譜に記譜されている以上に,装飾音や自作のカデンツァを次々と付け加えて難易度を自ら増したうえで,それを見事に歌いこなすことで,技量を見せつけていました.ですから,CDなどの録音ならともかく,通しの実演,それも演技した上での実演は相当ハードルが高かったと思いますが,それを難なくクリアしたほぼ300年ぶりの蘇演です.この演奏自体は日本でも話題になっており,ネットを探せば日本人で実際に見に行った人の日記なども見つかります.
 演奏しているのはオケがコンチェルト・ケルン,歌手はカウンター・テノールのフィリップ・ジャルスキー,マックス・エマヌエル・ツェンチッチ,フランコ・ファジョーリ,ヴェラール・バルナ=サバドゥス,ユーリ・ミネンコに,テノールのダニエル・ベーレで,女性は初演のように一人も入っていません.全員が現在望めるだけの最高レベルの歌手でしょうが,中でもすごいのはアルバーチェ役のフランコ・ファジョーリで,1:13:33 からのアリア "Vo solcando un mar crudel"「我は残酷な海を航海してゆく」はカウンター・テノールはもちろん,古楽のイメージすら一新する記念碑的な演奏といえると思います.

posted by 新見我無人 at 17:06Comment(0)日記

ギョーム・ド・マショー

フランドル楽派ではありませんが,マショーも幾つか midi を作っていました.

ロンドー「私の終わりは私の始まり」
Rondeau "Ma fin est mon commencement"



ロンドー「貴婦人よ、私の心は」
Rondeau "Dame Mon Cuer"

歌詞
Dame, mon cuer en vous remaint (A) 貴婦人よ、私の心は貴女に留まる
Comment que de vous me departe (B) 例え私が貴女から離れても
De fine amour qui en moy maint (a)    私の中にある真実の愛とともに
Dame, mon cuer en vous remaint (A) 貴婦人よ、私の心は貴女に留まる
Or pri Dieu que li vostres m'aint (a')    今私は神に祈る、あなたの心が私を受け入れるように
Sans ce qu'en nulle autre amour parte(b) いかなる別の愛へも移ることなしに
Dame, mon cuer en vous remaint (A) 貴婦人よ、私の心は貴女に留まる
Comment que de vous me departe. (B) 例え私が貴女から離れても


バラード「私はうまく我が女を例えることができる」
Ballade "Je puis trop bien ma dame"



ヴィルレー「優しく美しき女性よ」
Virelai "Douce dame jolie"



「ノートル・ダム・ミサ」キリエ
"Messe de Notre-Dame", Kyrie



ただマショーの midi といえばもう「中世音楽のまうかめ堂」(http://maucamedus.net/)さんがネットの中では間違いなくトップです.中世音楽の楽譜・写本や音楽理論についてもこちらが一番詳しいです.


posted by 新見我無人 at 13:06Comment(0)日記

ギョーム・ド・マショー 世俗曲コンサート

Marc Mauillon, Angélique Mauillon, Vivabiancaluna Biffi, Pierrre Hamon というメンバーによる2013年ウクライナのリヴィウ(Lemberg)でのコンサート.マショーの様々な世俗曲が演奏されます.録音マイクの位置のせいかちょっと音響はデッドですが,演奏はすばらしいです.

posted by 新見我無人 at 11:52Comment(0)日記

オティネ・バラ

Occo codex に全く知らないオティネ・バラという作曲家の「尊き秘儀のミサ(ミサ「見よ、天使のパンが」)」があったので,とりあえずキリエとグローリアをmidiにしてみました.キリエはちょっとテンポを掴みきれていなくてあまりいい感じではないですね.

オティネ・バラ「尊き秘儀のミサ(ミサ「見よ、天使のパンが」)」キリエ


オティネ・バラ「尊き秘儀のミサ(ミサ「見よ、天使のパンが」)」グローリア


録音など絶対でないだろうと思っていたら……こちらはミサで実際に演奏されたもの.Michael Hedley 指揮 Renaissance men of the Cappella Nicolai による演奏.教会付属の合唱団のようですが,素晴らしい演奏です.




CDもちゃんと出ていました.Barbers & Bishops (http://www.barbers-bishops.nl/)というオランダのグループの演奏で,カップリングされているのは Antoine Fevin のレクイエム.どちらも検索では作曲者名も出てきませんが……



Chants from the Occo Codex - Barbers & Bishops
Chants from the Occo Codex - Barbers & Bishops

posted by 新見我無人 at 21:11Comment(0)日記

ギョーム・デュファイ

デュファイのmidiです.これも宗教曲になると割と作りやすいのですが,世俗曲はなかなか曲にならなくて難しかったですね.しかしデュファイは世俗曲全集が出ていますし,それ以外も全作品は現在では何らかの形で聴ける作曲家ですから,midiの需要はもうないでしょうね.


ミサ「見よ,主の卑女」キリエ



ミサ「見よ,主の卑女」グローリア



モテット「花の中の花」
Motettus "Flos florum"



ロンドー「姿を見せようではないか/五月には」
Rondeau "Resvelons nous/Alons"



ロンドー「私は貴女の感謝を得る事ができるだろうか」
Rondeau"Pouray je avoir vostre mercy"



シャンソン「もし顔が青白いなら」
Chanson "Se la face ay pale"



ロンドー「美しい娘よ、私を置いて欲しい」
Rondeau "Belle Veullies moy retenir"


ロンドー「新年のこの日を」
Rondeau "Ce jour de l'an"


ロンドー「新年のこの日を」歌詞
Ce jour de l'an voudray joye mener  新年のこの日、私は喜びを味わいたくなるだろう
Chanter, danser, et mener chiere lie  歌い、踊り、そして楽しげな顔をして

Pour maintenir la coutume jolye  全ての恋する者らが守って来た
Que tous amants sont tenus de garder 喜ばしい習慣に従うために

Et pour certain tant me voudray poier そして確かに、新しい恋人を選ぶ事ができるほどに
Que je puisse choisir nouvelle amie  高まった気持ちになりたくなるだろう

Ce jour de l'an ...  新年のこの日、……

A laquelle je puisse presenter   私は贈ることが出来よう
Cuer, corps et bien, sans faire despartie 品々も心も身体もたっぷりと、次から次へと

He, dieus d'amours, syes de ma partie ああ、愛の神よ、私の味方であれ
Que fortune si ne me puist grever  運命が私を邪魔しないように

Ce jour de l'an ...  新年のこの日、……

Pour maintenir ...  喜ばしい習慣に……

posted by 新見我無人 at 21:44Comment(0)日記