J. S. バッハ 『独奏ヴァイオリンのためのパルティータ 3番』

 フランドル楽派ばかりでなくバッハなんかの midi も作っていました.一応これでもバッハの自筆譜のファクシミリから直接打ち込んだものです.さすがにMacに最初からついているGM音源なりの安っぽい音ですから,覚悟はしていましたが,こんなにフニャフニャした midi になっていたとは思いませんでした(笑).もっといい音源ならいい音になったかもしれませんが,これが当時鳴っていた音なのでこれであげることにします.

J. S. バッハ 『通奏低音なしの独奏ヴァイオリンのためのパルティータ 3番』(BWV1006)



じつはこの midi を作ったのは,ワルター・カーロスがMOOG III シンセサイザーを使って作った世界初のシンセサイザーのアルバム『スイッチト・オン・バッハ』の第1曲が,バッハのこの曲(というかこの曲をカンタータ29のシンフォニアに編曲したもの)だからです.動画は残念ながらワルター・カーロスのそれではなく,ワルター・カーロス様式でのカバーですが,ほぼこんな感じです.



実演を探してみました.しかし,こんな midi を作っている人間が言う言葉かという感じで申し訳ないですが……あんまりいい演奏はないもようです.全体としては若い方々の演奏のほうがなんだかいい雰囲気で,これからすごい演奏がでるということなのでしょう.部分の演奏ですがちょっと貼り付けておきます.

Tessa Lark さんの演奏.前奏曲だけですが,いい演奏だと思います.2014年のインディアナポリスでのヴァイオリンのコンペティションの予選ビデオのようです(本選で銀メダリスト).ヴァイオリンはストラディヴァリウス.さすが midi 音源とは違いますね(当たり前だ).弓も歴史的なものだそうですが,基本モダンの方のようです.



Soobeen Leeさん.韓国の15歳.すごいです.前奏曲とルールのみ.



YouTubeに上がっている前世紀の演奏家のこの曲は,部分部分いいところがあったりしますけど,全体としてピンとくるような演奏ではない感じです.弦を相当強くこすってギシギシした音になっているのがバッハじゃない感を強めていると思います.上の若い方々の演奏のほうがすばらしいです.

全曲ライブ動画でいいものはあまりないです.古楽のSigiswald Kuijkenのライブ演奏はありましたが,しかし正直なところ,渋い……という感じの演奏ですね.



ネット上で聞いた限りではヒラリー・ハーンがベストでしょうか(多少弦をギシギシやっているのが気にならないでもありませんが).これは前奏曲のライブ(アンコール?).


posted by 新見我無人 at 20:30Comment(0)日記