ラ・リュー,オルト,アグリーコラのモテット,マニフィカトなど

 モテットなど比較的短いmp3を.ピエール・ド・ラ・リューのモテット「めでたし、最も聖なるマリア」は写本のファクシミリ出版社のサンプル写真から目を凝らして解読した思い出深い曲です(笑).3声がそれぞれカノンになる6声のモテットで,すでにロンドン古楽コンソートによるすばらしい演奏があります.

 マルブリアーノ・デ・オルトは16年間ずっとマブリアーノと間違え続けていました…….モテット「めでたし、マリア、恵みの母」はBrussel, Koninklijke Bibliotheek MS. 9126 のファクシミリから直接入力したものです.わりと早い時期に作ったものですが,しかしこの写本には音の間違いが幾つかあって,訂正してちゃんとした音を鳴らすのに苦労しました.もちろん,素人なので正確な訂正になっているかはわかりません.校訂楽譜はこのファクシミリ出版時にはなかったので,多分この midi が数百年ぶりの再演になったことと勝手に思っています.最近オルトのCDがいくつか出ていて,その一つにこの曲が収録されていたので,需要はなくなりましたが,まあ思い出の曲ですね.

 アグリーコラは3声のエレミア哀歌は音源としては珍しいかもしれませんが,他はそれぞれCDなどで名演が聞けます.ラ・リューとならんで意外と注目されていない大作曲家だと思います.


ピエール・ド・ラ・リュー モテット「めでたし、最も聖なるマリア」
Motettus "Ave, sanctissima Maria"


マルブリアーノ・デ・オルト モテット「めでたし、マリア、恵みの母」
Motettus "Ave Maria, mater gratiae"


アレクサンダー・アグリーコラ エレミア哀歌(3声)
Lamentationes (trium vocum)


アレクサンダー・アグリーコラ モテット「我に、聖なる霊よ」
Motettus "Nobis sancte Spiritus"


アレクサンダー・アグリーコラ 第1旋法のマニフィカト
Magnificat primi toni


アレクサンダー・アグリーコラ モテット「めでたし、女王」
Motettus "Salve regina" (I)



Ensemble Musica Nova によるアレクサンダー・アグリーコラ モテット「めでたし、女王」
この動画の写本と同じものから上の midi を作りました.



posted by 新見我無人 at 23:28Comment(0)日記

フレスコバルディの声楽曲動画

 フレスコバルディはもちろん初期バロック鍵盤音楽の発達に多大な貢献をしたのですが,その一方で声楽曲も書いています.印刷本だけでも5声のマドリガル集第1巻(2巻は発行されたか失われたかは不明),1-3声のアリア集『チェンバロとテオルボ伴奏で歌うための音楽的アリア集』1・2巻,モテット集第2巻(こちらは1巻は失われたもよう),二つの8声のミサが現存しています.

 ところが,声楽曲,特に世俗の声楽曲であるアリア集については,演奏家の間ですら評価が低く,滅多に演奏されていませんでした.ただ,古楽の世界にちょっと長めにいるとわかることですが,この低評価というのは大抵は技術的・解釈的な問題でいい録音・実演が少ないことろから出てくる偏見であることが多いのですね.たとえば音楽学者の大家にすら徒らに複雑とまで言われた14世紀後半の音楽や,保守的技法にとどまっていたと言われたオブレヒトの評価(実はジョスカン世代の最先端はジョスカンでなくオブレヒトだった)などのように,フレスコバルディも最近の見事な演奏水準によって本来あるべき評価を回復しつつあるところです.


まずは大作『モニカのアリアによるミサ』から.Concerto Palatino による演奏です.


元になった作曲者不詳のアリアはこちらが名演です.



アリア集からの演奏を.こちらが一番有名でよく演奏される曲です.Alice Borcianiさんは生粋のイタリア人です.すばらしいボーイソプラノ的な響きもある声ですが,同時に超絶技巧とスタミナを要求されるオペラの大曲も演じきれるソプラノです.


こちらは2声のアリア,"Non vi partite" テノール Dan Dunkelblum さん,カウンターテノール Doron Schleifer さん.お二人ともイスラエル出身だそうです.


Flavio Ferri-Benedettiさんによる"Così mi disprezzate"の演奏.イタリア人ですが子供の時にスペインに育ったのでバイリンガルのようです.


同じ曲で日本の彌勒忠史さんの演奏.


彌勒忠史さんの演奏で"Maddalena alla croce"


Concerto di Margheritaによる"Voi partite mio sole"演奏.歌唱はなんとハープも弾いている Tanja Vogrin さん.じつは今は歌も楽器も演奏できるマルチプレーヤーの優れた演奏家も増えています.


Mariana Floresさんの演奏.アルゼンチン出身でややラテン風味の演奏ですが見事だと思います.


"Soffrir non posso" テノール Tore Tom Denys さん,Erik Leidal さんによる演奏.


テノール Dan Dunkelblum さんによる "A miei pianti" の演奏.



YouTubeにも色々他に魅力的な演奏があるので,ちまちま探してみてください.ただ,まあこれぐらいあればフレスコバルディが声楽曲で劣るなどという人はいなくなるでしょうか(笑).




posted by 新見我無人 at 01:41Comment(0)日記